2017年8月27日日曜日

新しいバイクが出来ました。

こんにちは。
今年はすっかりマウンテンバイク漬けの$AGです。

前回のpost時にもあーだこーだと書いていましたが、新しいバイクを完成させました。
色々考えていたんだけど、結局は普通にお金かけて組んでしまったw
嫁にはナイショです。

新しいバイクがコチラ↓
Stanton BikesのSwitchbackです。

なんかいい出物はねーかとヤフオクを漁ること数週間。
最近ハードテイル界にメキメキと頭角を現してきているスタントンのフレームが新品の半額くらいで出品されまして。
年式もまあ、そろそろ2018モデルが出るとは言え、最新型で、ヘッドセット付いててっていうやつの美品が出たの。
新車の半額くらいだったんだけど、このフレームに全然他の入札が入らなかった理由っていうのが、サイズ。
18インチロングっていう設定上一番でかいサイズだったんですね。

ご存じの方もいるとは思いますが、俺は背がデカイのでこの18インチロングがちょうどいいサイズだったわけです。
日本人では選ばれし者しか乗れないサイズw

競ることなく出品価格での落札に成功し、コツコツやるか〜って思ってたけど案の定全速力でパーツを揃えw、一昨日あたりに完成したというわけです。

んで、今日はしばらく雨も降ってないし、気温も低くてライド日和だったのでシェイクダウンしてきました。
いいライドだったなあ〜

パーツ構成は以下
フレーム:Stanton Bikes Switchback
フォーク:ROCKSHOX PIKE RCT3 Boost
ホイール:STAN'S NO TUBES FLOW Mk3

・・・と書きながらめんどくなってきたので主要パーツ以外割愛w
あとは大体前のに付いてたやつです。

今回一番面白かったのは、やっぱりドロッパーシートポスト。
手元でサドルを上げ下げするのはやっぱり便利。
CRCでよく売ってる、Brand-Xっていう低価格パーツブランドのやつをチョイスしました。
他の有名ブランドものは余裕で4〜5万するなかで、コレはなんと1万6千円w
しかも使ってる人の評判もまずまずっていう。
実際に使ってみても、造形の安っぽさが微妙にある感じではあるけども、造りはしっかりしていて調子いい感じ。
リモートレバーがちょっとガタが多い気はするけど、実際のライドでも大して気にならなかったし、壊れるまではコレでいこうと思います。

あ、あと1つ。
結構ネットで調べてる人多いんじゃないかと思う情報を書いとくと、PIKE RCT3のブーストモデルはボトムケースのハブを受ける面が31mmってでかくなってる仕様で、Torque capっていうSRAM独自仕様のアダプタ付いてるハブじゃないと本来の性能が発揮されないっていう難儀なフォークでして。
最初はシマノハブでいいかなあ・・・って思ってたんだけど、シマノには当然そんなアダプタあるわけないし、やむを得ずSRAMの900っていうマイナーなハブで組んだ。
ミドルグレードくらいのやつで、12,000円くらいだったかな?
社外だとインダストリーナインとかDTとかHOPEでもこのアダプタ付けられるやつを出してるみたいだけど高いし。
なのでSRAM 900。
シマノと違ってシールドベアリング仕様なのがのちのちラクです。

Torque cap問題は気づかずそのまま乗ってる人も結構いるみたい(販売店も含め)だけど、やっぱり本来の姿ではないってのは気持ち悪いし、ホイールはめるときも穴位置がすぐ合うからラクだね。

実はフレームもリアのエンドパーツ交換で148mmのブーストにできる仕様になってて、今後エンドパーツとアクスルシャフトを手に入れたら後ろもブーストにして完全完成の予定です。
金かかるなあ〜。
リアハブは何にしようかな。
元々145mmで設計されていて、142mmの時はフレームの撓みを利用して締め込むという、クロモリならではのいい意味でアバウトなフレームです。
本来、142mmと148mmはハブのフランジの幅が変わるから、アダプタやエンド交換では対応できないはずなんだけど、そういう仕組みで対応できるようになってるわけ。
と言いながらも、あんまりよく理解できていないんだけどw
とにかく大丈夫らしいw
設計者のダンが動画でも言ってたし。


27.5インチに乗ってみての感想は・・・最初は正直???って感じだったけど、慣れてくると「あぁ〜」っていう感じもあり、やっぱりいいのかもっていうのが今のところの感想です。
まだ1回しか山で乗ってないからもう少し乗ってみると印象も変わってくるかな?

あ、あとリム幅がワイドになってエアボリュームが上がったおかげで、乗り心地は少し優しくなった感じがする。
ハブが新品になったから転がりも良くなったな。
惰性で進む距離が伸びた。

フレームのサイズに関しては、確かに少し大きくなって、俺の体格に合っている感じはします。
実際のサイズで言うと、前のTransAMよりヘッドチューブ1コ分くらいトップが伸びた。
ていうか以外なほどに前のTransAMと比べて違和感がなかったので、逆にそこまで違いがわからない的なw
違いのわからない男ですw

でもまあ、これで最新規格でイジっていけるようになったので、何にせよOKっていう感じ。
もともとそこが目的だしね。

しかしマウンテンバイクってモンはイジりも楽しめれば、乗るのも楽しめるっていう良い遊びですね。

またなんかあったら書きます。

2017年7月20日木曜日

NEW BIKEの構想

こんばんは。
$AGです。

まあ、タイトルの件なんですがね・・・。

周りが盛り上がってるのもあって、最近は釣りにも全然行かずにトレイルばっかり行ってるんだけど、頻繁にやってるとやっぱりバイクもイジりたくなってくる。

で、そこで問題なわけですよ。
俺の愛車のTransAMは大変気に入っているものの、旧規格のオンパレードで今風にイジるにも限界がある。

まずはホイールね。
もはや限定的な用途に特化された機種以外で26インチの新車が無くなってしまった今、27.5用のアイテムばかりで、タイヤの供給すらやや危ない。
銘柄拘らなきゃまだまだあるけどね・・・っていう状況。
店頭はおろか、頼みの綱の海外通販でもギリギリになりつつある気が・・・。

さらにはアクスルも前は15mmアクスル化、後ろもワイド化&スルーアクスル化して、142mmが一般化してきてる。
148mmのブーストなるものまで出てきて、135mmは中級グレード以上では結構時代遅れ。

次にヘッド&フォークね。
今はもうほぼ全てテーパーコラムになっちゃった。
うちのは普通のストレートコラム&ストレート用のヘッドチューブ。
よってフォークの選択肢が超〜少ない。
今のバイクをギリギリまでイジって最終形態に仕上げちゃおうかな!って一瞬思ったけど、ストレートコラム&26インチ向けのレアなフォークなんて滅多に良い出物が無い。
新品買うにも欲しい感じのは10万とか。
いずれ大径化を余儀なくされるのは明白なわけで、そこにそんなに金かける価値あんのか?ってね。

じゃ〜ひとまず27.5用のストレートコラムのフォーク買って26インチホイールはめとく?
剛性なんて大してわかんないと思うし。
って思うとまともなグレードにすでにストレートコラムが無い。

細かいとこいくとシートポストも。
当時のTransitionって30.0mmっていう謎サイズで、Transitionと一部のKONAくらいしか見たことない。
ドロッパーポスト化したい気はあるんだけど、27.2mmの機種にシム入れて調整しなきゃならん。
27.2mmって信用できるメーカーがトムソンくらいしかなくて超高いんだよな〜。
他のメーカーもあるにはあるけど、トラブル紹介記事ばかりでなんかなあ・・・って。
あと在庫がほとんど無かったり、27.2モデルは強度の問題で可変幅が少なかったり。

このようにイジり遊びに対し様々な壁があり過ぎて、乗るのとイジるのが同じウェイトで好きな俺にはちょっともう限界が近いのかも・・・っていうこの頃なのです。


で、ちょっと前から乗りかえを意識し始めました。
条件は、クロモリハードテイル。
日常の足としても使うからハードテイルが良いんです。
いつもの山はフルサスじゃない方が楽しいし。
ホイールはまあ、27.5か29しか選択肢が無いわけだけど、29もいいかな?って最初思ったの。
背もデカイから体格的にキツイことはまず無いし、今のホイール径との違いを必ず感じられるだろうから(違いのわからない男w)

ただ、一台集約で行くには結局29はトンガリ過ぎじゃね?
って思ったりもするわけ。
結局27.5のスタンダードなサイズを追加で・・・みたいな予感も。

そこで結局現実的にオールマイティな27.5のハードテイルに落ち着くのかなあ・・・と思い始めています。

26も27.5もイケる手頃なフレームをゲット(NSのフレームが濃厚)
今の装備を丸ごと載っけてとりあえず乗る
金貯まったらフォークとホイールを交換して大径化完了
最終最後は結局今のTransAMの進化系であるTransAMの27.5に乗りたい
タイミングを逃して日本ではもう新品買えない
中古出るまで待つ
いずれ見つけて載せ替えて完成

のシナリオが現状導き出した最適解。
けどまだ迷いはある。

走りの問題じゃなくてイジりの問題で乗りかえたい人、結構いると思うんだよな〜。

誰か正解を教えてくれ!
悩みは尽きません。








2017年5月1日月曜日

KANAZAWA MOUNTAIN VIBES

もはや続ける意味があるのか?という放置状態にあるblogをご覧頂きありがとうございます。
$AGです。

ここのところ、近所の仲間達が続々MTBをゲットして楽しい感じになっています。

そもそもは磯部笑店のISOがやってみたいって言ってたので、うちの貸し出し用バイクに乗せて連れて行ったのが始まり。
結局ISOは俺が初めに乗っていたSTPのフレームを使って新しく1台組み上げ。

今のところ低予算でのパーツチョイスだったので、もうちょっとこう・・・みたいな部分が多々ありますが、それは今後の楽しみとなるでしょう。
イジリもまた醍醐味ですからね。

もうずっと放置だったフレームだけど、1stバイクだけあって思い入れはあったので、俺の目の届く範囲で乗ってもらえたら嬉しいなあと思ってたんだよね。
で、結果その通りになったので、俺も大変満足です。

その後、レンタルバイクで色々と連れて行った結果、
いつの間にかこんな事態にw
チーム名もつけちゃったり。
金沢 MOUNTAIN VIBESと言います。
マウンテンバイクと韻踏んでる感じにしてみました。

今まで持ってたけど山には行ったことなかったっていう奴とか、レンタルバイクでハマって自分のを買ったとか、衝動買いも数名・・・w

みんなゼーハー言わしながらも笑顔で楽しんでおります。
俺もこの4月でもう37歳になりまして。
6と7はアラフォー感がちょっと違うよね〜。
そんな中年予備軍(もはや中年なのか!?)の我々なので、ちょっとは運動しないと老後が心配だ・・・ってこともあり、継続してみんなで活動していけたらいいな〜と思ってます。

日頃それほどハードに追い込むことってないじゃん。
職人やってるメンバーが多いんだけど、仕事より全然キツいっていってたw
あとは、メンタル面でも瞬間的にあんなに集中や緊張することってなかなかないし、脳の活性化もされるんじゃないのかな〜。
スリル系の遊びはそういう効能もありそう。


ところで最近新車買った奴はもうみんな27.5インチなんだよね。
エントリーグレードのバイクでも全部そう。
俺も新しいの欲しいな〜と思いつつも、お金も無いし・・・。
で、決めた。
40になったらトレイル用のフルサスを買おう!と。
40にもなればそこそこ体力も落ちてくるだろうしね。
30代は26erハードテイルで頑張る。
まだ今のところみんなに追い付かれてはいないのでw

でも、みんな色々買ったりイジったりしてんの見てると俺もムラムラしてくるのも事実w
てことで、サドル変えたりグリップ変えたりとちょこちょこイジってお茶を濁しています。
フォークも36 VANの調子がイマイチになってきてて、余ってた古いRevelationに変えてみた。
すぐに体感出来るくらい軽くて軽快で、すごくいいんだけど、20mmアクスルと9mmクイックの剛性感の違いはやっぱりわかります。
15mmスルーにしたいな〜って思っても、世の中みんなテーパーコラムになっちゃっててストレートコラムで26インチ用で15mmスルーアクスルのフォークなんてRevelationくらいしかないのよ。
あとはX-Fusionからも出てるけど、26と27.5兼用という微妙な感じのやつしかない。
今はわりと高級品になってしまったRevelationは新品買ったら10万超えなので、今後も我慢の方向性が濃厚です。


まあ、ユルく永く続けていけたらいいなあ〜と思っております。
次はいつ書くかわかりませんが、またなんかあったら書きます。


2017年1月10日火曜日

あけましておめでとうございます

長らく放置しておりましたが、皆様あけましておめでとうございます。

放置した半年間、色々あったようで、大して何もなかったような・・・という日々を過ごしていました。


トレイルライド行ったり
今年はさらに布教しようかと。


エアガンいじりはやり切った感出てきちゃってあまりやらなくなったり
今後はゲームはまだまだやりたいけどいじりや買い足しはもういいかなあ・・・


アジが爆釣したり
小さいけど。


昔の仲間と飲んだり
みんなもうおじさんです。


実はバス釣りにも行ってたり
6人でワンバイトだったが・・・


SK8にチャレンジしたり
ちゃんと乗れるおっさんスケーター目指す。


実家に預けてた松を自宅の花壇に移植したり
一時は枯れそうな危機だったけど、持ち直してくれた。
よかった〜。


推定20年選手の炊飯器が引退したり
上の姉ちゃんが一人暮らし始めた頃のやつのお下がりだから多分そんなもんです。
俺も10年使った。
象印丈夫やな〜。
ちなみにまだ壊れてはいない。
釜のコーティングが剥げてきちゃったので。


娘もとても元気です。
1日1,000回くらい「アンパンマン」を連呼しています。


という感じですかね。
まだ色々あると思うんだけど。

子供の顔って出さない方が良いんですかね?
ちょっと神経質な気もするけどな〜。


今年も何回更新するかわかりませんが、ヒマな時にでも覗いてやって頂ければ幸いでございます。


またなんかあったら書きます。